業界屈指の看護師求人
厳選された優良な転職サイトを掲載しています。

看護師について

看護師という仕事について

看護師という仕事は看護師の看という漢字の意味が、手をかざしてみるという意味で護が助けるや守るという意味があります。その漢字の意味の通り患者さんをよく見てサポートするという意味があります。

医薬分業で医師が行っていた点滴や注射を行うようになりました。看護師には、高度な技術や知識が求められています。国家試験に合格して憧れの看護師になっても仕事に就いてからの勉強は続きます。病院に勤めれば生命に関わる仕事もあります。

看護師の仕事は肉体的に精神的にハードで転職を考える人が多いです。その為せっかく憧れの看護になっても、違う職場に転職する看護師が多いのが現実です。高齢化が進み看護師の転職先は、病院だけではく老人介護施設などにも増えています。

その他にも大企業で雇用され、従業員の健康管理ををする仕事などもあります。看護師という資格を持っていれば多くの転職の選択肢がありますから、自分のライフスタイルに合った看護師としての職場を見つける事が出来ます。

看護師を目指す理由

看護師を目指す理由を把握しておきましょう。自分自身で自分の目指したい職業のことについて理解をしていくことです。なぜなら、仕事をしていれば沢山の問題が降りかかります。その時に、自分が看護師として働いてくための動機を持っていれば、継続して働くための理由になります。

もしも、そのような理由が明確になっていないのであれば、起きてくる問題に頭を抱え込んでしまいます。そうなってしまうと仕事を継続していきにくくなります。そのため、事前に自分が看護師を目指す理由を自分で把握しておくことが大事です。

そのような理由が明確になっていれば、働きやすいです。また、前を向いて働いていれば、周りも接しやすくなります。コミュニケーションもうまく取っていくことができるようになります。自分が働きやすい環境で働いていくためにも、自分が働く理由を把握しておくことです。その理由を持っていることで、働きやすい環境を作っていくことができます。

看護師はなぜ転職する

多くの人が看護師という職業に憧れを抱き看護師の資格を取って、看護師になります。一昔前までは、白衣の天使と呼ばれていたほど、若い女の子にとって憧れの職業でした。しかし、現在の看護師の仕事は医薬分業で医師の仕事だった注射や点滴も看護師の仕事になり、看護師の仕事は過酷になっています。憧れの看護師となった途端、現実と憧れのギャップで転職を考える看護師も多いようです。

看護師の人材不足は、深刻で過酷な労働が強いられています。その為看護師の転職は増えています。看護師は転職する事により、より労働環境を求めたり給料や賞与などの待遇面でも不満を抱えている看護師が多く待遇面でのより良い環境を求めて看護師は転職します。

更に、看護師は男性看護師が最近増えて来てはいますがまだまだ女性がほとんどの職場です。
その為、人間関係が難しく看護師同士の人間関係がうまくいかず転職を考える人も少なくありません。看護師の一般の職業と同じく転職でより良い条件の職場に移りたいと考えています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ